ナノミネラル71アミノバイオミストローションPDFファイル
自然力を呼び起こす、天然石ナノミネラルのチカラ

純粋・自然の「天然石2ナノミネラルのチカラ」が自然力を呼びおこします。 ミネラルとは ナノミネラルとは 2ナノmミネラルのチカラ 肌へのオススメ

最初に|ミネラルとは?

ミネラルは単にたんぱく質・糖分等の5大栄養素の一つではありません。

ナノミネラルとはなにか? 生体反応の推進役実は、ミネラルはもっとも生命の働きの根幹に関わる働きをしています。太古の頃、初めて生命が誕生した時に、水と太陽の光とミネラルが絶対に必要であったといわれるように、ミネラルは生命の存在にとって、なくてはならない何よりも根本的に必要な物質です。如何に根本的に関わるかは、右の通りです。

 

ミネラルは、身体の細胞に生体電気エネルギーを発生させます。

細胞外側・内側図 細胞のエネルギー源ミネラルは鉄・カリウムのように金属元素なので、本来電子を豊かに持ちます。そのミネラルが体に中に入ると、細胞膜のイオンチャンネル=ミネラル専門のゲートを通じて、細胞にミネラルイオンが出入りします。例えば、細胞へのナトリウム⇔カリウムの出入りにより、細胞膜の内・外での電位差が現れ電流が発生します。
ミネラルにより、細胞に電気充填が行われます。
⇒この結果、細胞活性・肌サイクル運動&細胞間コミュニケーションの改善が進みます。 *人間の一日のエネルギー消費量の50%は、全細胞のナトリウム⇔カリウム交換による。
*カルシウムの細胞内外の濃度の差は1:1万で、電流を発生させ⇒電流がすばやい神経伝達を可能にします。

 

からだの酵素を活性させる物質。

ミネラルはタンパク質の中心にあることによりタンパクを「酵素」にします。 酵素(たんぱく質)の中心には金属が存在する。-酵素に金属(ミネラル)は必須の物質 「ミネラル」だけに比べ「ミネラル-タンパク酵素」は2000倍から100億倍の触媒力を発揮します。 からだの中のすべての生体化学反応に必須の物質が酵素タンパク質」です。身体に酵素がなければ、生物は絶対に生きていけないほど重要な物質です。身体の中には、約3000種類の酵素がありますが、そのうちの1/3は、酵素の活性中心に鉄・マグネシュウムとうの金属元素が存在しています。
酵素組織に対し金属元素(ミネラル)が電子エネルギーを供給することで酵素が触媒機能を発揮できるのです。

トップに戻る では|天然石ミネラルとは?

からだに良い種類の天然石(シリカ4面体構造)から、高技術で抽出したミネラルです。
平均の粒子サイズが2ナノメーター(2/100万ミリ)・71元素を含み、天然石の結晶構造をそのまま残した岩石構造体で、生体活性力が高いミネラルです。

  2ナノミネラルは触媒力が絶大!

平均2ナノmサイズのミネラルなので、普通のミネラルよりも触媒エネルギーが極大です。

「金属元素」は、2ナノm前後を頂点として、一般に1〜5ナノmサイズの超微粒子になると、元素の電子の状態が変わり、金属本来の触媒エネルギーが極大になる特性があることは、超微粒子科学で知られています。

【超純水】→【自然石ナノミネラル水】→【自然石ナノミネラル】

天然石抽出ミネラルのサイズは、平均2ナノm(100万分の2mm)サイズなので、
ミネラル本来の触媒機能が、普通のミネラルよりも極大に発揮されます。

 

天然石から抽出した2ナノミネラルの自然の電子のチカラが、
生体電気エネルギーを高めます。→ 細胞のエネルギー源。

ナノサイズ粒子のために普通のミネラルより自由な電子を持つので、からだ・皮膚に浸透し、生体電気エネルギーを高めます。電気信号なので、さらに、細胞間の速やかな情報伝達をすすめます。

トップに戻る
そして|2mナノミネラルのチカラ

1.肌深部にミネラルが浸透しやすい。

ナノ粒子のミネラルは極小サイズなので、水とともに
肌の奥に浸透します。
  天然石抽出ミネラルの酵素活性

2.生体の酵素活性力が大きい。

皮膚機能のすべてに酵素は必ず関係しています。
2ナノサイズのミネラルは酵素活性力が極大

自然石抽出ナノミネラルは、2ナノメーター(2/100万mm)のナノサイズなのと、岩石のシリカ4面体構造のため、特に触媒(酵素)活性エネルギーが強く⇒「アミノ酸自然生成を促すミネラル」です。コラーゲン、ヒアルロン酸はアミノ酸が沢山つながって出来ています。 Ex : 角質剥離酵素_グルコセレプシダーゼ / 脂質形成酵素_ステロイドスルファターゼ / アミノ酸生成酵素_リゾチーム

  岩石構造ミネラル(シリカ四面体構造)

3.天然石構造体ミネラルなので、エネルギーの高いミネラル。

天然石の種類ごと(Ex.花崗岩)の結晶構造をそのままに残して水に溶け込んでいます。この結晶構造体が、強い振動エネルギーをもっているので、身体に共鳴エネルギーを伝え、この結果、生体活動を活性すると考えられています。

トップに戻る まとめ|ミネラルとは、体の中のすべての生体反応の推進役です。

生命がはじめて誕生したときにミネラルは絶対に必須であった理由は、ミネラルが触媒作用を持っていたからです。
そのようにミネラルは生命エネルギーの根源に関わる物質です。

トップに戻る このような肌でお悩みの方にオススメです。
ハリ・透明感のある潤い肌に
ハリのある潤い肌への第一は、水分を保持できるコラーゲン・ヒアルロン酸と弾力繊維エラスチンを肌自身が作り出せる。第二に角質層に水分の蒸発を防ぐセラミド脂質が含まれていることです。大切な保湿成分を肌自身が作るチカラを高めることが大切なのです。生命活動の根源エネルギーをもち、また、アミノ酸生成を促すナノミネラルが、自肌力をめざめさせ、ハリのある潤い肌をもたらします。
敏感肌に
敏感肌は、皮膚の外からの刺激に対してバリア機能を持つ角質が薄くなっているため、過敏な肌になっています。また、肌の免疫状態が関係するとも言われています。高潤な角質の誕生には、増殖成分であるナノミネラルが適しています。
乾燥肌に
乾燥肌になってしまう原因の第一は、角質層の中にセラミド脂質が少なくなるので、水分蒸発を防ぐセラミドと水分のサンドイッチ構造が不十分になるからです。第二の原因は、肌の中で豊かに生産されるコラーゲンやヒアルロン酸で、肌の衰えによって肌自身がつくる力が衰える―からです。より根本的な方法は、アミノ酸生成を促すナノミネラルとナノ粒子水を肌に十分供給することです。浸透性が高い、しかも肌が喜ぶような水は、皮膚生命力の源泉です。
しわ・しみ肌に
しわになる原因は、コラーゲンの不足とエラスチンという皮膚弾力繊維の衰えによって起こります。必要な対策は、アミノ酸生成を促すナノミネラルとナノ粒子水を肌に供給することで、しわ対策が期待できます。しみの原因は、肌のメラニン色素が紫外線で着色し、皮膚に沈着することで起こります。ナノミネラルを肌深部に供給することで、紫外線で着色したメラニン色素を無着色メラニンへ置き換えます。
Dr.Mineral ナノミネラル71シリーズ
ナノミネラル71 ミストローション &ミストローション ローズ ナノミネラル71 アミノバイオミストローション
ナノミネラル71 クレンジング
ナノミネラル71 スーパーナチュラルローション ナノミネラル71 プレミアムローション
ナノミネラル71 スーパーナチュラルエッセンス ナノミネラル71 プレミアムジェルクリーム